L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。

2019 3.21 thu. ROADSHOW #ドンしてキュンするLDK

上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 高月彩良 堀家一希・町田啓太 原作:渡辺あゆ(『L♡DK』講談社「別冊フレンド」刊) 監督:川村泰祐 脚本:江頭美智留 音楽:遠藤浩二

スキでいろよ。 スキにさせてやる。 main

INTRODUCTION

全国に“壁ドン”ブームを巻き起こしたあの「L♡DK」が新キャストを迎えスクリーンでフィナーレを飾る!大好きな彼氏と、彼氏の従兄弟二人のイケメンに迫られる超至近距離ラブストーリー

img_a img_b img_c img_d img_e

原作は漫画家・渡辺あゆが手がけた少女コミック『L♡DK』。2009年から8年以上にわたり「別冊フレンド」(講談社)にて長期連載され、コミックス累計発行部数は1000万部を突破する超人気少女漫画。2014年には、主人公の西森葵役を剛力彩芽、久我山柊聖役を山﨑賢人が演じて実写映画化され、原作ファンのみならず日本中の女子中高生を熱狂させた。なんといっても、記憶に残っているのは、前作をきっかけに日本中で一大ブームとなった“壁ドン”。劇中で登場する“壁ドン”が「2014ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選ばれ、社会現象を巻き起こした。いまや、“常識ネタ”となっている“壁ドン”は、いまなおティーンに人気の胸きゅん仕草として不動の人気を誇っている。2014年当時は連載中だった原作コミックは、2017年10月に24巻でついに完結。原作ファンの興奮も冷めやらぬ中、待望の第2弾実写映画化が始動!キャストを一新した今作で描かれるのは、原作コミックの中でも特に絶大な人気を誇る「玲苑編」。
女子中高生から絶大な共感を得ている等身大のヒロイン・西森葵役を演じるのは、2016年大ヒットした長編アニメーション映画『君の名は。』でヒロイン・三葉の声を演じ大きな話題となった、若手演技派女優の上白石萌音。葵と密かに同居している学校一のイケメン・久我山柊聖役に、いま“ネクストブレイク俳優”として大きな注目を集めている杉野遥亮を抜擢。そして、今作のキーパーソンであり、3人目の同居人として葵と柊聖の間をかき乱す、柊聖の従兄弟・久我山玲苑役を今や青春映画には欠かせない存在となっている横浜流星が演じる。前作に引き続き監督を務めるのは、『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(10年)や『ひみつのアッコちゃん』(12)など大人気漫画の実写映画化でメガホンをとる川村泰祐。「キャラクターを守ること」を大切にして映画化にあたる川村の手により、随所に原作通りの名シーンがちりばめられ、ファン必見の仕上がりとなっている今作。パワーアップした“壁ドン”を筆頭に、盛りだくさんな胸きゅんシチュエーションにドキドキが止まりません!

img_f img_g img_h img_i img_j
恋した。恋された。ウチの中で。 three

STORY

大好きな彼氏 柊聖と、彼氏の従兄弟 玲苑「スキでいろよ」「スキにさせてやる」わたしのたったひとつの「スキ」はだれのもの??

love1

西森葵(上白石萌音)は、親の仕事の都合で1人暮らしをしている高校2年生。充実した高校生活を送っていた葵だったが、とある事件をきっかけに、隣の部屋に住んでいた学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)と突然同居をすることに!お互いに第一印象は最悪!だけど、一緒に暮らすうちに次第に惹かれあっていく…。やがて付き合い始めた葵と柊聖は秘密の同居生活♡にハラハラしながら、彼氏彼女として親密な生活を送っていた。

img_a
love3

玲苑に認めてもらうべく、おもてなしに徹する葵だったが、いつまでも葵の中身に目を向けず、葵のスペックを否定してくる玲苑に、遂に堪忍袋の緒が切れる!真正面から本音でぶつかってきた葵に、驚く玲苑だが、次第に葵の内面を知り、心を開いていく。段々と打ち解けていく2人の陰で、柊聖は1人不安を感じていた。

img_c
love2 img_b

1年後、高校3年生となった葵と柊聖は変わらず同居生活中。2人の秘密を知るのは、葵の親友の渋谷萌(高月彩良)と萌の彼氏である佐藤亮介(堀家一希)、そして柊聖の兄でカメラマンの久我山草樹(町田啓太)だけ。そんなある日、突然柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜流星)が2人の通う青葉高校に転校してきた!1つ年下の玲苑はアメリカ育ちで成績優秀、しかも柊聖に劣らぬイケメン。だけど、見た目と裏腹に中身は超イヤなやつ。その上、葵とは最悪な出会いで、早くも険悪ムードに…。久しぶりに会った柊聖に彼女がいると知った玲苑は“尊敬している柊聖が惚れた女”に期待を寄せ、彼女探しを始めることに。ついに葵が柊聖の彼女だと知った玲苑。人をスペックで判断する玲苑は、一見平凡そのものな葵を「70点女」と呼び、柊聖とは不釣り合いだと納得がいかない。しかし、柊聖は一緒に住めば葵の魅力が分かる、と3人での同居を提案する。戸惑いつつも3人同居を受け入れた葵と玲苑の互いに譲れぬ同居生活が始まった!

love4 img_d

秘密の3人同居を続ける中、学校内では柊聖と葵が付き合っているという噂が流れ始める。同級生に問い詰められる葵の前に、「こいつは俺の女だから」と立ちふさがったのは、なんと玲苑だった―!柊聖が困らないために彼氏のフリを買って出たという玲苑。“彼氏のフリ”を重ねるにつれ、葵と過ごす時間はますます長くなっていき、気づけば、玲苑の中に“従兄弟の彼女”という壁を超える葵への「スキ」が芽生えていた…。一方、お互いの気持ちのすれ違いにより、葵と柊聖の仲には少しずつ亀裂が――。

love5

少しずつ、しかし確かに変わっていく3人の気持ち。
葵、柊聖、玲苑の3人同居生活は
ついに波乱のフィナーレへ!

img_e

イケメン2人から迫られる葵視点でみる、胸きゅんシーンのオンパレードから目が離せない!予測不能な三角関係ラブ♡同居。

shoes key cake

CAST

img_a img_b
元々クールっぽいのに、たまに見せるかわいいところや不意にする言動にドキドキした!(高2・女子) 背が高くて優しいところ。一生懸命に守ってあげようとしているところ(中1・女子) キスの角度がすごく好き♡(中2・女子)

高校3年生。葵の彼氏。学校一のイケメンでスポーツ万能、頭脳明晰。気取らないため男女共に好かれている。ツンデレでとっつきにくいが、甘いもの好きという可愛らしい一面もある。

久我山柊聖 cast_a

杉野遥亮 Yousuke Sugino

1995年9月18日生まれ。第12回FINEBOYS専属モデルオーディションでグランプリを受賞。映画『キセキ ―あの日のソビト―』(17)で俳優デビュー。ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(16)、映画『兄に愛されすぎて困ってます』(17)や『覆面系ノイズ』(17)など次々に話題作に出演。最近の出演作品に、ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(18)、ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(18)、映画『あのコの、トリコ。』(18)、『春待つ僕ら』(18年12月14日公開予定)、『居眠り磐音』(19年5月17日公開予定)がある。

出演のお話をいただいた時は、まだお芝居の経験も非常に浅かった為、とても不安でしたが、皆さんと話し合いを重ねていく中で、ワクワクする感覚に変わりました。原作を中高生の頃に読んで知っていたので、今回の台本を読み比べながらすごく考えました。前作までの柊聖と、葵と付き合ってからの柊聖とではやっぱり違っていると思うので、前作とは違う柊聖に、観てくれる方にきゅんきゅんしてもらえるといいなと思います。

comment
img_c img_d
柊聖くんとキスする時に、つま先立ちでキスしていたところが可愛かった!(高1・女子) 2人に挟まれて、困っているところが可愛かった!(中2・女子) 葵ちゃんの天真爛漫さと、萌音ちゃんのイメージがマッチしてた!(大2・女子)

高校3年生。持ち前の素直さで周囲を自然と明るくする一方、正義感が強く直情型なので、プチトラブルもしばしば。趣味は料理と節約。彼氏の柊聖と秘密の同居中。

西森 葵 cast_b

上白石萌音 Mone Kamishiraishi

1998年1月27日生まれ。2011年に第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。初主演映画『舞妓はレディ』(14)では、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞など、多くの賞を受賞。『君の名は。』(16)でヒロイン:三葉の声を演じ話題に。18年は映画『ちはやふる-結び-』や『羊と鋼の森』のほか、舞台、ミュージカルなど幅広く活躍。19年は、ドラマ「記憶捜査〜新宿東署事件ファイル〜」(1月)や、ジェームズ・キャメロン製作の映画『アリータ:バトル・エンジェル』(2月22日公開予定)で、主人公:アリータの吹替を演じる。

言ったことも言われたこともない台詞や、ドキドキするシチュエーションに、顔が火照りっぱなしでしたが、真心で人とぶつかっていく主人公の葵に勇気をもらい、わたしも真っ直ぐにお芝居ができました。同居が軸になる物語でもあるので、狭い部屋で3人で生活をするシーンはとても楽しかったです。3人でいるととても居心地がよく、普段の楽しい空気感がそのまま映画の中に出ているのではないかなと思います。

comment
img_e img_f
不意打ちで胸きゅんするようなシーンが多かった!(中3・女子) ストレートに気持ちを伝えてくれるトコロがかっこいい!(高2・女子) 口調が荒いけど優しいところがあってギャップ萌えした。可愛いと思った!(大1・女子)

高校2年生。柊聖の従兄弟で、アメリカで生まれ育っている。イケメンだが、口の悪さは天下一品。しかし、自分が悪いと認めたら素直に謝る、筋の通った男の子。口グセは「ガッカリだぜ!」

久我山 玲苑 cast_c

横浜流星 Ryusei Yokohama

1996年9月16日生まれ。2014年「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演し注目を浴びる。2017年には映画『キセキ ―あの日のソビト―』(17)に出演し、グリーンボーイズとして話題に。2018年は主演作『虹色デイズ』、『兄友』が公開したほか、10月に「今日もいい天気feat.Rover(ベリーグットマン)/未完成」でCDデビューを果たし、多方面にて活躍中。主な出演作品に、映画『青の帰り道』(18年12月7日公開予定)、主演映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』(19年1月25日公開予定)、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(19年1月)がある。

大人気少女漫画映画の続編に参加できることにプレッシャーも感じましたが、とても嬉しく、ついに僕も壁ドンをやる日が来たんだなと思いました(笑)演じる玲苑はぶっきらぼうですが、可愛らしい部分もあるので、ただの“イヤなやつ”にならないように気を付けました。周囲をかき乱すお芝居をする場面も多く、度合が難しかったですが、普段周りをかき乱すことがあまりなかったので、演じていて楽しかったです。

comment
渋谷 萌 葵の親友で、クラスメイト。しっかりもので頼りになる姉御肌。2人が付き合っていることを知っていて、秘密がバレないように協力している。

高月彩良 Sara Takatsuki

1997年8月10日生まれ。2008年、ドラマ「TSC東京ガール」にてデビューし、以後ドラマや舞台に出演。映画『思い出のマーニー』(14)では主人公・杏奈役で声優デビューを果たし、話題となった。主演作品に映画『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(15)がある。近年の出演作として、映画『黒崎くんのいいなりになんてならない』(16)、『翔んで埼玉』 (19年2月22日公開予定)などがある。

cast_e

堀家一希 Kazuki Horike

1997年11月21日生まれ。2016年、ドラマ「ラストコップ」でデビュー。翌年「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(17)の演技で注目を浴びる。このほか、「BG~身辺警護人~」(18)、映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17)、『トモダチゲーム 劇場版ファイナル』(17)、など出演作多数。最近の出演作品にドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(18)がある。

cast_f

町田啓太 Keita Machida

1990年7月4日生まれ。劇団EXILEのメンバー。2010年「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、同年舞台「ろくでなしBLUES」で俳優デビュー。連続テレビ小説「花子とアン」(14)、「美女と男子」(15)、「女子的生活」(18)の出演で注目を集め、大河ドラマ「西郷どん」(18)にも出演。主な映画出演作に『OVER DRIVE』(18)があるほか、待機作多数。最近の出演作品にドラマ「中学聖日記」(18)、映画『jam』(18年12月1日公開予定)、ドラマ「盗まれた顔~ミアタリ捜査班~」(19年1月)、がある。

ORIGINAL COMIC

cover

©渡辺あゆ / 講談社

原作『L♡DK』渡辺あゆ

講談社コミックス別冊フレンド全24巻 本体(各)429〜790円+税

2009年より「別冊フレンド」(講談社)にて連載。
2017年10月に24巻で完結。
コミックス累計発行部数は1000万部を突破する超人気少女漫画。

MOVIE

package
『L♡DK』

公開日:2014年4月12日
原作:渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
出演:剛力彩芽 山﨑賢人
Blu-ray・DVD
販売元:バンダイナムコアーツ ©️2014「L♡DK」製作委員会

葵と柊聖の出会いから付き合うまでを描いた『L♡DK』映画化第一作。西森葵を剛力彩芽、久我山柊聖を山﨑賢人が演じ話題に。劇中に登場した「壁ドン」が一大ブームとなり、「2014ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選出された。

img aoi syusei reon
TOPへ
L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。 L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。